和田小学校の一年生対象に銅板表札づくり体験を開催しました。

久しぶりの更新です^^;

2018年7月15日(日)

福井市立和田小学校およびPTAの方々からの依頼で、小学校1年生対象の銅板表札つくり体験を開催しました!

0.1mmの薄~い銅板を、上から名前の輪郭をなぞり、後ろから丸い色鉛筆の先で押し出して表札を作るというもの。

手を切ると危ないので、みんな軍手をしての作業。親・兄弟姉妹も隣でフォロー。


文字だけでは足りず、空いたスペースに迷いなく描かれていく絵や文字の数々に、好きなものをスッと表現できる素直な勢いを感じた自分たちでした。

表札の文字が終わったら、板金加工タイム。ここからは子供たちに板金技能を見てもらいました。

硫黄の匂いが香しい、、温泉の元の液体に銅板をつけて表面が黒色に変化していく様をみて、子供達から「うわー」っと声が上がっていました。

裏には0.35mmのカラーガルバリウム鋼板を当て板として追加し、銅板の四方を折り曲げ。いつも仕事で使う道具や、曲げ加工を見てもらいました。

最後は表面の色が変化しないように、クリアラッカーの保護塗装仕上げ。9時30分から11時までの体験を楽しんでもらいました。

終了時には、サプライズ!子供たちの寄せ書きをいただきました!おじさん達は、嬉しかったよ!

最後はみんなで作った表札をかかげて記念写真をパシャリ。

最初は、建築板金ってなに??と、知らなかった子供たちも、自分たちで銅板をさわって作る体験をしてみたら、面白かった!楽しかった!良かった!との声になり、やってよかったなぁ~と思う一日でした^^

次は9月2日(日)に福井駅前のイベントでものづくり体験コーナーを出展します。

詳しくはまた後日記載します。

この記事を書いた人

株式会社吉光工業 代表取締役です。
https://4432.co.jp

福井県板金工業組合青年部 部長(2015.2016)を経て
福井県板青年部のWEB担当(仮)です。

コメント

コメントする

目次
閉じる